メールのマナー、「Re:」は残したままでOK?

1 :名無しさん@涙目です。 2018/07/09(月) 13:09:16.96 hF230RmY0.net BE:932354893-PLT(12931)
「Re:」は残したままでOK?ビジネスメールの正しい返信マナー

メールのやり取りが長くなると気になるのがタイトルの「Re:」。
ずっと残したほうがいいのか、それとも変えたほうがいいのか、意外に悩んでしまうもの。

そこで今回は、マナー講師の経験をもつ筆者がビジネスメールの正しい返信方法をご紹介します。

■「Re:」は残すのが正解

「Re:」は長くなっても残すのが正解です。
メールでやり取りしている内容は“スレッド”という形式で確認することができますが「Re:が長くなってきたな」と思ってタイトルを変えてしまうと別のスレッドになってしまい、後からの検索が面倒になってしまうのです。

ビジネスメールのやり取りは必ず“1案件につき1タイトル”を心がけましょう。

■短い言葉で簡素にまとめる

ビジネスメールでは、長い文章よりも短い言葉で簡素に返信するように心がけましょう。
伝えたいことがある場合は、箇条書きににしたほうが、より伝わりやすくなります。

これはなぜかと言うと、書く方も読む方も、時間短縮ができるから。
また短い文章でやり取りすると、やや冷たい印象になってしまうこともありますので「ご連絡ありがとうございました」などのお礼は必ず入れるようにしたほうがよいです。

■CCとBCCの使い分け

わかりにくいのが「CC」と「BCC」。
これは同時送信の機能で、直接の相手ではないけれどやり取りを見てほしい人がいる場合はCC欄にメールアドレスを入力するようにしましょう。

たとえば、自分と取引先のメールを上司に確認しておいてほしい場合はCC欄に上司のメールアドレスを記載します。
こうすることで上司にもメールが届くことになります。

また、送信する上司が取引先との知り合い同士ではない場合は「Bcc」を使うといいでしょう。
Bccを使うことで取引先に上司のメールアドレスを知らせることなく上司にもメールを送信できるようになります。

http://jj-jj.net/lifestyle/59084/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1531109356/2
13 :名無しさん@涙目です。 2018/07/09(月) 13:17:07.99 1VTWrTqG0.net
スレッドになって内容分けてるのに分かってくれないオッサン多すぎ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする