【イギリス】「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」お金のない学生などの若い女性がターゲット[04/11]

1 :しじみ ★ 2018/04/11(水) 19:20:05.28 CAP_USER.net
イギリスの住宅難に乗じて、家賃の代わりに性的な見返りを求める行為が社会問題化している

■家賃の代わりに求めるのは…

英国では、住宅難が叫ばれて久しい。英紙フィナンシャル・タイムズは2017年11月の記事で、
「英国の住宅市場は破綻している」と書き、政府でさえもそれを認めていると伝えていた。
同紙は主な原因として、移民の増加や一世帯あたりの人数が減ったことが、必要となる住宅数を引き上げていると説明している。

一方、英紙インディペンデントが今年1月に報じた記事によると、2017年の秋にイングランドの路上で生活していた人の数は、
一晩あたり4500人となり、2010年から倍増した。

このような英国の住宅事情で、高い家賃を工面できずに困っている人たち、
特に若い女性を狙う特殊な入居者募集のクラシファイド広告が、
クレイグズリストなどの無料広告サイトに増えており、社会問題化しているという。

「親密な取り決め」や「お願いごと」と交換に家賃を無料にする、などの巧みな表現を使って、
家賃の代わりに性的な見返りを求めているのだ。
そうとは知らずに部屋を借りてしまったという被害が実際に出ており、
大抵、お金のない学生などの若い女性がターゲットになっているが、男性が被害に遭うケースもあるという。

■「悪いことはしていない」と主張する大家

英紙ザ・サンは2月5日付の記事で、そしてBBCは2月28日放送のドキュメンタリー番組で、
この問題についてそれぞれ「おとり取材」をした様子を取り上げた。
おとり取材をした記者はいずれも20代の女性で、
クレイグズリストで見つけた入居者募集の広告主(大家)に連絡し、実際に会った。

サンの記者が家探しをしていると装って会ったのは、
寝室が1つしかないマンションで「ベッドをシェアする」ことが家賃無料の条件とする大家だ。
しかし実際に会って詳細を聞くと、
「体を抱きしめて添い寝」と言い出し、
それ以上については「何が起こるか分からないけど様子を見てみようよ」と説得している。
この会話の様子は、動画で同紙のサイトに掲載されている。

サンやBBCの記者が話を聞いた大家の誰もが、「悪いことをしているわけじゃない」と話したという。
しかし3月5日付のBBCの記事によると、家に住まわせる見返りに性的な行為を求めるのは売春への扇動行為とみなされ、
イングランドとウェールズでは最長7年の禁固刑になる可能性もある。

■ホームレスになるのが怖くて

BBCの記事では、20歳の時に、そうとは知らずに「家賃は体で」という家に住んでしまった、
という女性にインタビューした様子にも触れている。

大家とベッドをシェアするのが入居の条件だと気づいたのは引っ越した後だったという。
体を触ろうとする大家を常に拒否しなければならなかったと話し、
それ以上無理強いしてこなかった点については「大家に感謝している」とBBCに話した。

この家に引っ越す前はホームレスだった女性は、またホームレスになるのが怖くて、結局長い間そこで暮らしたという。
BBCの記者がこの大家に直接話を聞いたところ、女性が住み続けたということは嫌ではなかったはずだ、と答えたという。

関連ソース画像

関連動画
Rent For Sex: Landlords Offering Free Rooms For Sexual Favours https://youtu.be/isalsNYgTtU

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9939.php

続く)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1523442005/2
19 :七つの海の名無しさん 2018/04/11(水) 19:45:34.28 X+hwvJgU.net
賃チン交換

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする