【宅間守】大阪の附属池田小学校事件から15年、小学校の現在をご覧ください…

大阪府池田市の大阪教育大付属池田小学校で児童8人が殺害され、15人が重軽傷を負った事件は8日、発生から15年を迎え、同校で「祈りと誓いの集い」があった。

1

事件が起きた午前10時10分過ぎ、亡くなった8人の名を刻んだ塔の鐘を児童4人が鳴らし、全校児童約610人や遺族、教職員らが黙?(もくとう)を捧げた。

児童代表の6年生3人は、学校の安全や事件について学ぶ中で「学校で楽しく過ごすことや『いってきます』『ただいま』と笑顔で家族に言えることが当たり前ではないと気づくことができました」と話した。そして「卒業生ともつながりあって、この6月8日に安全を願う心を忘れず、これから先もずっと過ごしていきます」と誓った。

佐々木靖校長(54)は「本校にはあの事件の重大性を語り伝え、事件の風化を防止する責務がある。事件の教訓を胸に前を向いて学校安全の推進に向けて力を合わせる」と述べた。

事件は2001年6月8日に発生。通用門から校内に侵入した宅間守元死刑囚(04年に死刑執行)に刃物で襲われ、2年生の女児7人と1年生の男児1人が亡くなった。事件を機に学校の安全を見直す動きが全国に広がった。(吉村治彦)

1

355: 2016/06/08(水) 21:17:59.01 ID:mgTJOGBL0
>>1
この事件によって、医療観察法が整備されたが、
当のタクマは詐病だったという

6: 2016/06/08(水) 12:59:36.68 ID:++bYed/c0
宅間守は予測変換に出てくる英雄である

27: 2016/06/08(水) 13:07:23.78 ID:WyGmI/Zq0
>>6
ネットでは加藤と宅間は英雄とされてるもんな

11: 2016/06/08(水) 13:03:00.77 ID:WmjkBo1q0

>事件の風化を防止する責務

いろんな事件多すぎていちいち覚えてらんないわ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする