クレジットカード 無料ならここがおススメ! 西原村の情報満載

長野県・諏訪大社の「御柱(おんばしら)祭」で今年5月、氏子の男性(41)が転落死したのは、適切な安全防止措置を施さなかったためなどとして、弁護士2人が北島和孝宮司に対する業務上過失致死容疑での告発状を長野県警諏訪署に提出した。

2

1

6年ごとに開かれる御柱祭では毎回のように死傷者が出ており、告発は祭りの安全対策に疑問を投げかけるものだ。

告発したのは、茨城県つくば市の坂本博之弁護士と、東京都北区の箱山由実子弁護士。告発は13日付。告発状などによると、5月5日の大木を垂直に立てる「建て御柱」で、高さ15メートルの木の上部から氏子の男性が転落し死亡した。祭りでは1968年以降、74、80、86、92、2010年に死亡事故が起きている。

危険性が高く迫力のある祭りの様子が話題となり、集客や収益にはつながるが、生命を軽視し犠牲にすることが許されるものではない--などとしている。諏訪大社総務課は「一切答えられない」としている。

御柱祭は798年に始まったとされる。氏子らがモミの大木を山から下ろし、境内の四隅に立てる。氏子らを乗せた大木が急な坂を下る「木落とし」や、人が乗ったまま木を垂直に立てる「建て御柱」が人気を集める。今年は4月2日~5月16日の間、12日間にわたって行われ、観光客ら約186万人が集まった。

御柱(おんばしら、みはしら)または御柱祭(-さい、-まつり)は、長野県諏訪地方で行われる祭である。諏訪大社における最大の行事である。正式には「式年造営御柱大祭」といい、寅と申の年に行なわれる式年祭である。長野県指定無形民俗文化財。日本三大奇祭のひとつとされる。

大社での開催年を中心に、全国の諏訪神社や関連神社(通称:小宮)でも同様の祭(小宮祭)が実施される。

5: 2016/05/26(木) 15:34:43.97 ID:JEAlg/hE0
可哀想に神に見放されたんだなぁ

48: 2016/05/26(木) 15:56:06.94 ID:POXnyS5k0
>>5
神に召されたんだろ。

8: 2016/05/26(木) 15:35:35.92 ID:kfSWgh4J0
死亡率高すぎるわ

10: 2016/05/26(木) 15:36:41.69 ID:36m/ctL30
遺族は何か別に訴訟とかしてないのかな。 なんで、弁護士が…

268: 2016/05/26(木) 17:20:56.85 ID:o1Wok0pJ0
>>10
そう。
なんで弁護士がなんだろう?

12: 2016/05/26(木) 15:37:30.93 ID:e+Xmhyvw0
遺族に依頼された訳でもないのに訴えるの背景は何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする