【疑惑】小金沢昇司が銀座クラブで大麻トラブル?騒動の一部始終がやばすぎる

“演歌の大御所”北島三郎が馬主を務めるキタサンブラックがG1レース「天皇賞・春」を勝利し、北島が美酒に浸る直前、その弟子で、2年前にのれん分けの形で独立した中堅演歌歌手の小金沢昇司が銀座8丁目の高級クラブ「M」で“大麻所持疑惑トラブル”を起こしていたことが、クラブ関係者への取材で明らかになった。

「4月下旬に友人と一緒に来た『M』に、大麻とおぼしきタバコ状の吸引物を持ち込んだんです。店側は、銀座で夜な夜な遊んでいた清原和博被告の逮捕の件もあるので、ドラッグにはナーバスになってますからね。『警察を呼びましょうか?』と言ったら、『俺は有名人だから困る』と、帰ってしまったようです」(8丁目のクラブのポーター)

小金沢は北島の付き人として下積みを経験してデビューしたが、彼を一躍、有名にしたのは、1992年に放送された、セリフも歌も流れない喉の治療薬のCMだった。「歌手の小金沢君が使っているのはフィニッシュコーワ」というCMに出ている「小金沢くん」とは何者だ? と注目され、知名度がアップ。その後にリリースしたシングルは35万枚の大ヒット。全国区になった。

しかし、当時所属していた「北島音楽事務所」は北島ファミリーによって運営されている会社。後輩歌手の北山たけしが北島の娘婿になったことで、将来、事務所の社長は北山が継ぐといわれるようになった。2年前に小金沢が独立したのは、後輩が後継者になることが決まった事務所に居づらくなったという背景があったともいわれている。

そんな、顔だけは全国区の小金沢は店に入るやVIP席に通されて、おもむろにタバコ状のものををポケットから出したという。しかし、明らかにタバコとは異なる匂いや包装だったのを見たホステスが、いぶかしがる態度を取ると、小金沢はバツが悪くなったのか、それをソファーの隙間に挟んだ後、さも自分がそこから見つけたかのように取り出し「これ、なんだ、店の責任者を呼べ!」と怒鳴り声を上げたという。

店のスタッフが慌てて駆けつけると、それは明らかにタバコとは異なる大麻とおぼしきものだったという。小金沢の「こんなものを店に置いているのか?」とのクレームに、店側は「その席は、前のお客様が帰った後に忘れ物がないかをチェックしました。ましてや、そんなものがあったら見逃すはずがない。店の信用に関わるので、シロクロつけるために警察を呼びましょうか?」と反論すると、「俺は有名人だから困る」と言って、そそくさと帰ってしまったという。

小金沢が所持していたのが本物の大麻だったかは疑惑のままだが、物騒なやりとりがあったのは間違いない。この騒動は、警察も知るところになったそうだ。
http://www.cyzo.com/2016/05/post_28127_entry_2.html

1

6: 2016/05/15(日) 10:46:19.41 ID:CIDSgVE20
>明らかにタバコとは異なる大麻とおぼしきものだった
見たことないんでわからんのだが、そんなに違うの?
自分で巻く煙草(安いので中南米の奴がやってる)みたいな見た目だったとか?

8: 2016/05/15(日) 10:47:59.62 ID:SWUqkmnz0
いくらなんでも公共の場で吸うバカいないでしょ

21: 2016/05/15(日) 10:55:19.09 ID:dc0i27UA0
店で吸うとか
警戒心が薄れてるないかに日頃から吸ってるのか、よく分かる

25: 2016/05/15(日) 10:58:13.29 ID:bqO0sztw0
店に難癖つけたくせに結局たばこの様なものは自分で持ち帰ったのか? ださい

27: 2016/05/15(日) 10:58:59.57 ID:e3UqLZo10
意外とヤクザみたいななりだからな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする