千秋が再婚!結婚相手旦那の狙いがとんでもない可能性浮上www

千秋が一般男性と再婚 所属事務所「静かに見守っていただけると幸いです」 

タレント、千秋(44)が一般男性と再婚したことを22日、所属事務所が報道各社にファクスを送り発表した。

1

ファクスでは「千秋の娘も今春から中学に進学し多感な時期ですので、皆様には静かに見守っていただけると幸いです」として、会見などの予定はないとして
いる。

千秋は2002年にお笑いコンビ、ココリコの遠藤章造(44)と結婚したが、07年に離婚していた。 遠藤は昨年12月にタレント、関根勤(62)の元マネジャーの女性と再婚している。

千秋、再婚相手は15歳下のTBS社員 娘の小学校卒業で決断

千秋の所属事務所は書面で「千秋の娘も今春から中学に進学し多感な時期ですので、皆さまには静かに見守っていただけると幸いです」としている。千秋は21日に更新したブログで、遠藤との間の長女が小学校を卒業したことをつづっていた。この時期を待って再婚に踏み切ったようだ。挙式・披露宴の予定はなく、婚姻届を提出した日にちは明らかにしていない。

お相手の男性はバラエティー番組のADを経て、テレビとソーシャルメディアの連動が評価された「リアル脱出ゲームTV」など、新たな企画を手掛けるテレビマン。関係者は「抜群の企画力があり、番組が数々の賞を受賞している」と敏腕ぶりを語る。また、「イケメンで優しい目をしている」という関係者もいる。千秋は熱心な阪神ファンとして知られるが、男性の知人は「彼が阪神ファンかは知らない。サッカーは好きだと思う」と話している。

スポニチアネックス 3月23日(水)4時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000156-spnannex-ent

1

千秋(ちあき、1971年10月26日 – )は、日本の女性マルチタレント(歌手、声優、デザイナー、ものまねタレント、執筆者、コレクター、作詞家)であり、現在休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバー(ヴォーカル担当)である。
本名、藤本 千秋(ふじもと ちあき)。愛称は千秋、千秋ちゃん。ジャパン・ミュージックエンターテインメント傘下の子会社「エキサイティング・トリガー」所属。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする