清原和博の彼女「ハーフ女子大生の銀座ホステス」の正体がやばい…大手航空大手役員の父親が週刊文春の謝罪に応じる…

清原容疑者の騒動が大手航空会社に飛び火し、社内は大揺れだ。清原容疑者には銀座の高級クラブ勤務で22歳の交際女性がいた。今月2日の逮捕直前まで一緒だったとされ、捜査のカギを握る人物だが、衝撃の逮捕から2週間、ようとして消息は知れない。実は消えた彼女の父親は航空会社の役員だった。

2

清原容疑者がシャブの深みにはまったきっかけは、14年9月の離婚発表だ。精神的にもボロボロだった頃に知り合ったのが、一時はタレント事務所に所属していたハーフ美女のA子だった。

逮捕直前まで清原容疑者と一緒に行動していたとも報じられた。

「米国の大学の日本校に通う傍ら、銀座の高級クラブに勤務。店の常連だった清原容疑者とは離婚発表の翌年の春に知り合ったそうです。ものすごく細くて、背が高い。清原容疑者は暇さえあれば同伴とアフターを繰り返し、リカちゃん人形のような彼女に年甲斐もなく入れ揚げていました」(ある知人)

1

A子は現役大学生ながら、娘が1人いるシングルマザー。学費や子供の養育費を稼ぐため、週5回ほどクラブに出勤していたというが、清原容疑者の逮捕以降はパッタリ姿を見せていない。夜の銀座で働くシングルマザーの父親が大手航空会社の役員だったのだから、意外な話である。

「年齢は50代前半で、1985年に入社。広報や成田空港支店の責任者を歴任した後、数年前に役員に抜擢されました。もちろん有能な人物で、今も航空会社の中でも、特に能力が問われる部署の担当を任されています。誰とでも打ち解けてしまう、気さくな人ですよ」(航空業界関係者)

■反社会的勢力排除規制への抵触は?

気さくなパパは週刊文春の取材に応じ、18日発売号で「娘は清原容疑者の薬物使用を知らなかった」とかばいながら、交際関係を詳細に語っている。

これだけ世間を騒がせた男と娘の交際を知って、さぞかしショックかと思いきや、受け答えは淡々としたもの。
清原容疑者の出所後に「もう一度娘さんとやり直したいという話になったら?」と聞かれても、「二度とクスリに手を出さないということを約束するんだったら、僕は認めます。それだけかな条件は」といった調子で、超が付くほど寛容なのだ。

同誌には昨年10月ごろに都内のレストランで家族全員と清原容疑者が会食した際の写真まで掲載されている。問題はパパが役員を務める航空会社が「反社会的勢力の排除」の方針を掲げていること。公式サイトにも〈当社グループの全役員、社員は反社会的勢力との絶縁への継続的な取り組みが会社として極めて重要な事項であることを認識しています〉とある。

清原容疑者と暴力団との交際は逮捕前から知る人ぞ知る話で、文春の取材にパパは「あちら系(暴力団)の方とお付き合いしているっていうのは何となく噂は聞いていました」と語っている。

清原容疑者レベルの“密接交際者”との会食は勤務先の反社排除規定に抵触するのではないかと、心配になってくる。この点について航空会社に聞くと、「事実関係について調査を進めていきます」(広報)と答えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする