脇坂英理子が逮捕か!?美人有名女医タレントXが診療報酬詐欺!!!

バラエティー番組などでおなじみの美人女医タレントXを警察が近日中に詐欺容疑で逮捕する動きがあることが、本紙の取材で分かった。 

1


都内でクリニックを経営していたXはあっせん業者を通じてニセの患者を募って架空診療を繰り返し、 国民健康保険(国保)から多額の診療報酬を不正に得ていた疑いが持たれている。資金は背後の暴力団にも流れたとみられ、逮捕者は数十人に上る見込み。アルバイト感覚で参加したニセ患者の中にはタレントやお笑い芸人もいるといい、芸能界に激震が走る大事件に発展しそうだ。

Xは都内の医大を卒業後、都内一等地にクリニックを開業。「美人女医」としてメディアに取り上げられ、あけっぴろげなキャラクターで話題となった。

そんなXの周辺が騒がしくなってきたのは昨年末ごろ。クリニックが何の前触れもなく休業となり、すでに治療費を支払った患者から返金を求められる騒ぎになった。なかには約30万円を支払い、5回のコース診療を申し込んだものの、施術が行われたのは初回のみというケースもあった。

実はこのころから、Xには診療報酬の不正受給がささやかれ、当局が内偵捜査を進めていた。事情を知る人物の話。

「彼女のクリニックを含めた複数の病院や、整骨院で多くの患者が重複していることが発覚したのです。常識的にみてこれはおかしい。そこで調べると、あっせん業者がニセの患者を紹介し、複数の医院をたらい回しにしていることが判明した。ニセ患者の保険証を使い、月に3~7回の架空診察を数か月にわたって行い、全国規模で国保から数億円の診療報酬をだまし取っていたとみられる」

ポイントは捜査を担当しているのが警視庁組織犯罪対策4課という点だ。 組対4課は暴力団絡みの事件を扱うスペシャリストだけに、単なるいちクリニックの詐欺事件で終わるはずはない。

「組対4課はXのバックに関東の有力暴力団がいると確信している。ニセ患者を集めるあっせん業者、それらをまとめるブローカーなど、何人も間に人を挟むことで、元締が誰か分からないようにかく乱してきたが、当局はついに全容をつかんだようだ」(同)

近日中にも40代の指定暴力団組長が逮捕されるという情報もある。

“事件”は芸能界にも衝撃波が走りそうだ。というのも、あっせん業者が集めた数百人のニセ患者は主に学生やフリーター、キャバ嬢などとみられているが、なかにはタレントやお笑い芸人も含まれているからだ。彼らにはあっせん業者から1万~2万円の報酬が支払われていたとも。

捜査関係者は「あっせん業者は暴力団構成員の知人や愛人、仲間の半グレが務め、簡単なアルバイトと称して声を掛けていた。売れない芸人なんかお金がないから、危機感も持たずに引き受けてしまう。バイト感覚だったとしても、やっていることは詐欺の立派な共犯だ」と語気を強める。

Xがこうした“詐欺スキーム”の存在を知らなかった可能性もあるが、当局は、本人も事前に把握していたとの疑惑を強めており、完全に“クロ”だとみているのだ。

「事実、先月上旬に捜査チームに招集がかかって、上層部から“一網打尽にしろ! 必ずパクれ!”と指令が下ったそうです。12月に入ると地検が年末年始の休暇を意識して現行犯逮捕以外やりたがらないので、なんとしてでも今月中に逮捕したいそうです」とは事情に詳しい関係者。

当局はXをキーマンと考えており、今春にはクリニックにガサ(家宅捜索)もかけた。

「野球賭博やオレオレ詐欺と同様、こうした事件の背後には必ず暴力団がいる。山口組が分裂し、極道社会が不安定な今こそ、その資金源を叩きたい」と別の捜査関係者は明かす。

日本の医療・介護関連の予算は50兆円を超える。診療報酬はわれわれの健康保険料などから支払われる。国保には税金も投入される。それを詐取することは許されることではない――。

1

脇坂英理子(わきさかえりこ)Wikipedia風プロフィール
生年月日:1978年生まれ(年齢37歳)
出身地:東京都
血液型:AB型
趣味・特技:ゴルフ、ショッピング、旅行、お酒
配偶者:なし(結婚・離婚歴なし)

学歴・経歴
・東洋英和女学院(小学部~高等部)卒
・1996年、東京女子医科大学医学部入学
・2003年、医学部卒業後、医師免許を取得。東京女子医科大学病院麻酔科に入局
・2006年、麻酔科認定医取得 07年、麻酔科標榜医取得 11年、麻酔科専門医を取得
・2012年、Ricoクリニック開業

学生時代の写真。実家もお金持ちで地味なお嬢様タイプだった。

西原村情報&ニュース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする